« ひょっとこは特に関係なし『ひょっとこスクール』1巻 | トップページ | 2008年7月検索ワード(その1) »

2008年7月31日 (木)

少女たちの真夏の夜の夢『御伽楼館』1巻

御伽楼館 1 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)

『御伽楼館』1巻/天乃咲哉/芳文社(コミックエール!連載)

さまざまな心の闇をもつ少女たちが「真夏の夜の夢」という人形店に訪れる。その人形店は、少女の想いがつまった大切な品物一つと交換で人形を貸し出してくれる。人形を借りた少女たちはそれぞれ不思議な体験をすることに。

以前『GOSICK』1巻の記事のときに書いた、天乃咲哉さんの作品です。たまたまコミックエールの創刊号を購入していて、そのときから気になっていたので、単行本が出たら早く読みたいと思っていました。

話はオムニバス形式でそれぞれ別のキャラクターが主人公となっています。細かい設定についてはわからないままですが、あまり気にしなくてよいのかもしれません。雰囲気的には「週刊ストーリーランド」にありそうな感じです。それと思い浮かべたのは、少し違うかもしれませんが、『Roman』(原曲:Sound Horizon 漫画:桂遊生丸/集英社)っぽいのかなと。

1巻に載っている話は、バレエの道を諦めた少女の話、子供のころ仲のよかった友人と再会した少女たちの話、母親との悲しい思い出を持ちつつ再び会おうとする少女の話の3つと、大道芸人の少女の話、人形店に子供たちが遊びにくる話の番外編2つです。どれも悲しさ・つらさを感じさせながらも、それを乗り越えた後の少女たちの姿(3話目は青年も)には爽やかな感動があります。

どれも綺麗な話で、読後感もよいと思います。次の巻が出るのは作者によると1年後らしいですが、気長に待ちます。

あとは、ドイツ語を第二外国語で学んでいたことで、副題のドイツ語を読むことができてよかったと思います(笑)

|

« ひょっとこは特に関係なし『ひょっとこスクール』1巻 | トップページ | 2008年7月検索ワード(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少女たちの真夏の夜の夢『御伽楼館』1巻:

« ひょっとこは特に関係なし『ひょっとこスクール』1巻 | トップページ | 2008年7月検索ワード(その1) »