« 相変わらずフラグ立ちまくり『ハヤテのごとく!』16巻 | トップページ | 初のカラー掲載でも値段据え置き『さよなら絶望先生』14巻 »

2008年7月16日 (水)

現代横暴プリンセス『白雪ぱにみくす!』2巻

白雪ぱにみくす! 2 (2) (BLADE COMICS) (BLADE COMICS)

『白雪ぱにみくす!』2巻/桐原いづみ/マッグガーデン(月刊コミックブレイド連載)

ちょうど1年ぶりの新刊です。雑誌でしばらく休載していたらしいので。桐原いづみさんといえば『ひとひら』ですが、そちらは未読。

ある日突然家に現れた鏡を通ると、そこには眠りについている少女・白雪が。無理やりキスをさせられ、白雪の母に無理やり恋人にさせられ、花嫁修業(?)として現代の高校生活を送る。2巻では突然連れ去られた(というか半分自主的に)真子を助けに行く話、ミドリと真子の父親が帰ってくる話、白雪の元世話役の薊が現れる話など。

折込のアオリ文を見ると「サディスティックヒロイン物語」という文字が。なんともジャンル分けしづらい作品ですが、そんなジャンルですか(笑) 一通り見てみると、主要テーマは「家族」でしょうか。ラブコメなのだろうかと思ったのは入り口部分ぐらいで、たぶん家族モノとしてのほうが比重が高そうです。

前巻からの続きの真子の話は特に大きな話になることなく終了。のちのち重要になってくるのかもしれません。

メインは薊と雛菊の話。まだ話は解決しておらず、しばらくはこの話でしょうか。雛菊のほうも家族関係がよろしくないようで、やはり全体的に「家族」にまつわる話が中心です。

1巻のカバー裏は何もありませんでしたが、2巻カバー裏は読者サービスです(笑)

|

« 相変わらずフラグ立ちまくり『ハヤテのごとく!』16巻 | トップページ | 初のカラー掲載でも値段据え置き『さよなら絶望先生』14巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代横暴プリンセス『白雪ぱにみくす!』2巻:

« 相変わらずフラグ立ちまくり『ハヤテのごとく!』16巻 | トップページ | 初のカラー掲載でも値段据え置き『さよなら絶望先生』14巻 »