« 運命の螺旋ここに完結し、推理の絆へと続く『スパイラル・アライヴ』5巻 | トップページ | 仁岡先生の苦難がさらに増加『勤しめ!仁岡先生』3巻 »

2008年8月23日 (土)

ざわざわと動き始める『鋼の錬金術師』20巻

鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)

『鋼の錬金術師』20巻/荒川弘/スクウェア・エニックス(月刊少年ガンガン連載)

ハガレンもついに20巻台に突入しました。アニメ新シリーズ決定とのことで、そちらも楽しみですね。最終決戦までの準備段階がしばらく続いている状態でしたが、ようやくこの巻で準備が整い始めたという感じです。

最初はマルコーVSエンヴィー。過去を悔みながらも未来に賭けるマルコーの気持ち・生き様が光っています。そしてエンヴィーの意外な正体が。ヨキは相変わらずかわいそうなままです。そしてアルフォンスとホーエンハイムの対面。アルフォンスの素直さが危険なのと同時に、誰でも信頼する心もまた目立っています。

その後はエドとグリードに動きが。皆新たな決断をしながら、目的のために動いてます。

それぞれの思惑が動きながら、いろんな人たちが動き始めています。次の巻からは最終決戦の模様。最後までじっくりと読んでいきたいと思います。

|

« 運命の螺旋ここに完結し、推理の絆へと続く『スパイラル・アライヴ』5巻 | トップページ | 仁岡先生の苦難がさらに増加『勤しめ!仁岡先生』3巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざわざわと動き始める『鋼の錬金術師』20巻:

« 運命の螺旋ここに完結し、推理の絆へと続く『スパイラル・アライヴ』5巻 | トップページ | 仁岡先生の苦難がさらに増加『勤しめ!仁岡先生』3巻 »