« 展望 | トップページ | 今日も海の平和を守るでゲソ『侵略!イカ娘』2巻 »

2008年9月 5日 (金)

11人の高額賞金首たちが集結『ONE PIECE』51巻

ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス)

『ONE PIECE』51巻/尾田栄一郎/集英社

ブルックが仲間になり、先に進むルフィたち。魚人島を目指す途中で人魚のケイミーとヒトデのパッパグと出会い、友達の救出にかかわることになります。

前半部分は、トビウオライダーズのヘッド・鉄仮面のデュバルはルフィ海賊団の中の一人に因縁があり、という話ですが、こちらは基本的にギャグテイストです。しばらく大物とのバトルが長かったですし、ちょっとした息抜きになります。まさかそういうのはありなのかと思いましたが(笑)

51巻の後半では、海底に潜るために船をコーティングしてもらおうと、シャボンティ諸島に到着します。この島では天竜人に逆らってはいけないという決まりがあり、好き放題やっている天竜人に楯突いてはいけないといわれます。自分は普段使わない言葉ですが、なんとも「胸糞悪い」感じです。

またこの島には1億ベリー以上の賞金首が集まっており、それぞれが一触即発の状態です。と言ってもこれぐらいは日常茶飯事のようですが。裏では何やら不穏な動きが。

この巻のラストでルフィは、島にいる中で最も賞金額の高いキッドさえ驚かせる行動をとります。これは52巻以降は大戦争になりそうですね。また長い話が続きそうですが、今までで一番盛り上がる話にもなるかもしれません。

|

« 展望 | トップページ | 今日も海の平和を守るでゲソ『侵略!イカ娘』2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11人の高額賞金首たちが集結『ONE PIECE』51巻:

« 展望 | トップページ | 今日も海の平和を守るでゲソ『侵略!イカ娘』2巻 »