« 高速道路不可解殺人『名探偵コナン』63巻 | トップページ | 2008年11月検索ワード »

2008年11月30日 (日)

仁と大鉄の関係(危ない意味ではなく)『かんなぎ』6巻

かんなぎ 6 (6) (REX COMICS)

『かんなぎ』6巻/武梨えり/一迅社(月刊ComicREX連載)

帯に「ジャージだから恥ずかしくないもん!」とストパンネタをいきなり放り込むとはさすがです。

アニメが10月から始まり、アニメも大好評なかんなぎ。また某所でも変な騒動は起きてますが、そちらにはノータッチで。コミックス派なので、雑誌のほうは把握してないですし。

巻頭のコラボはコミック版『とらドラ!』の絶叫さんが描いてます。これを見て大鉄と竜児のタイプの近さを実感。

6巻では夏休みが明け、新しい話に突入しました。新学期、久しぶりの学校で仁は目標を見失い奮闘中。自分探しを始めました。プチ家出中に公園で謎の少年・大東に出会います。天職スイッチの小話が面白かったです。何かの伏線だったりするのでしょうか。

その後仁は大鉄とともに大鉄の家に向かい、大鉄は電話でナギに中学時代の過去話を始めます。中学時代、大鉄は教師に生活指導されたり、周りの生徒に悪い噂で変な目で見られたり。顔が怖くてこうなるというのがまさに『とらドラ!』の高須竜児と被りますね。

ある日大鉄は仁と出会い意気投合。普通の人に見られたい大鉄と、不良になりたい仁がお互いを求め合うような関係に(←危険な表現)。この頃に起こったことが描かれているわけですが、以前に仁がつぐみに謝ったシーンがあり、それに関する事件も描かれていました。伏線回収。

それから現在軸に戻り、文化祭の話題に。また大東が登場。ざんげちゃんとも何やら関係がありと、謎は深まるばかり。部室で初恋の話題から恋愛の話になり、仁はナギを意識するようになります。ナギも何やら思うところあり?

ナギの気になる表情で幕を閉じた6巻。続きが気になります。

巻末には読み切り『Croquis』が掲載されています。話は百合もの。初出は書いてありましたが、いつ頃描かれたのかはわからないですね。

|

« 高速道路不可解殺人『名探偵コナン』63巻 | トップページ | 2008年11月検索ワード »

コメント

こちらには初めての訪問です。

昨日とある魔術のアニメの後に、かんなぎやってるのを見て気になって漫画を今日漫喫で読んできました。

おもしろいし、ナギかわいいですね、仁が好きになるのもわからんではないですが、人間でないだけにこれも禁断の恋って言うんですかね。

投稿: 借金執事 | 2008年12月 1日 (月) 00時27分

>借金執事さん
こちらでははじめまして。

『かんなぎ』は今期のアニメ化によって、だいぶ人気が伸びました。そこそこ早い段階から読んでいましたが、この作品が人気を博して嬉しいです。

人間でないことによる禁断の恋ですか。考えてなかったですが、それもそうですね。

投稿: 菜種くるみ | 2008年12月 2日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁と大鉄の関係(危ない意味ではなく)『かんなぎ』6巻:

« 高速道路不可解殺人『名探偵コナン』63巻 | トップページ | 2008年11月検索ワード »