« あんなに一緒だったのに『ハヤテのごとく!』18巻 | トップページ | 榊ウラの裏の顔『BAMBOO BLADE』10巻 »

2009年1月29日 (木)

新メンバー登場で新たな展開が『ハニカム』2巻

ハニカム 2 (2) (電撃コミックス)

『ハニカム』2巻/桂明日香/アスキー・メディアワークス(週刊アスキー連載)

去年1番ハマった作品『ハニカム』です。

2巻でも今まで通り普通のファミレス風景、かと思いきや真面目な虚弱お嬢様・守時規子の登場で人間関係がより複雑に。新たに入った守時さんはお嬢様で口調はぶっきらぼうでも、いわゆるお嬢様タイプではなく、かわいく真面目なタイプ。新たな流れを作ってます。御手洗争奪戦にも参入。1巻では鐘成さんにニヤニヤでしたが、こちらの巻では守時さんにもニヤニヤです。

一方その鐘成さんも相変わらずの素直になれない性格。少しずつ御手洗に近づいていくのと、守時さんの登場にヤキモキしている姿を見せています。62話の笑顔はヤバい、本当に。

それにしても湧水さんは早くも離脱ですか。もっと何か展開があるかと思いましたが、案外早い離脱には少し驚き。展開としてはしっくりきますけどね。

妙子さんはいつも通りの正体不明さ。番外編の話での顔がかなり怖いんですが(笑)

文句なしではにかめるこの作品。3巻が待ちきれないです。たぶん8ヶ月は先でしょうけどね。

|

« あんなに一緒だったのに『ハヤテのごとく!』18巻 | トップページ | 榊ウラの裏の顔『BAMBOO BLADE』10巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新メンバー登場で新たな展開が『ハニカム』2巻:

» ハニカム 2 桂明日香 [謎の男の小説感想部屋]
先日レビューしました「花やしきの住人たち」最終巻に1日遅れて発売しました、同作者の著作「ハニカム」2巻の発売です。 「花やしきの住人... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 23時28分

« あんなに一緒だったのに『ハヤテのごとく!』18巻 | トップページ | 榊ウラの裏の顔『BAMBOO BLADE』10巻 »