« スクエニ始まったな『女装少年アンソロジー』 | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年5月号(創刊号) »

2009年5月 3日 (日)

文学少女の秘密『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻

“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ) 1 (ガンガンコミックスJOKER)

『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻/野村美月・高坂りと・竹岡美穂/スクウェア・エニックス(ガンガンパワード連載→月刊ガンガンJOKER連載)

昨年の「このライトノベルがすごい!」で1位となった『文学少女』シリーズ、ずっと気になっていた作品のコミカライズ1巻が発売されました。原作から当たるべきなのでしょうが、他のラノベを読んでいて、なかなかこの作品まで手が回らないので、先にコミック版を読むことにしました。

主人公の少年・井上心葉は、過去に謎の天才美少女作家として活躍していた。ところがある日、ある事件が起こり、心葉は心に傷を負い、登校拒否になる。回復後、高校生になった心葉は、自ら文学少女と名乗る天野遠子と出会い、本をちぎって食べるという秘密を知ってしまう。1年先輩である遠子は心葉に秘密をバラされないように、文芸部に無理やり入部させる。そんな遠子に振り回される心葉を待ち受けているものは果たして。

話の軸としては心葉の心の傷でしょうかね。いろんな人との触れ合いを通して、心の傷が少しずつ癒えていくとか。

この作品のタイトルは知ってましたが、内容は全く知りませんでした。遠子先輩の本を食べるというのがやっぱり大きいですね。ラノベの文章でどうなっているかはわかりませんが、マンガで視覚的に把握できると、おそらく原作既読者でもこのシーンは面白いのではないかと。わざわざ単行本にカラー収録してくるぐらいですし。

楽しめる作品ですし、このままコミック版を読み続けながら、原作にもいつか手を出したいと思いますが、少し話が重たいのでしょうかね。1巻を読む限りでは人物紹介的な面と、遠子先輩との楽しいやりとりシーンが多く見られますが、この先暗くなりそうな気もします。それでも先は楽しみです。

1巻のラストの引きがすごく気になりますね。その続きはガンガンJOKERで。

|

« スクエニ始まったな『女装少年アンソロジー』 | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年5月号(創刊号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女の秘密『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻:

« スクエニ始まったな『女装少年アンソロジー』 | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年5月号(創刊号) »