« 久しぶりに | トップページ | 文学少女の秘密『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻 »

2009年5月 3日 (日)

スクエニ始まったな『女装少年アンソロジー』

女装少年アンソロジー (ガンガンコミックスアンソロジー)

『女装少年アンソロジー』/アンソロジー/スクウェア・エニックス

「久しぶりの更新でなぜこれを選んだし」というツッコミは受け付けません。

スクエニから過去にアンソロジー企画として、『妹アンソロジー』と『先輩アンソロジー』が発売されていますが、それに続く第3弾としてこの『女装少年アンソロジー』が発売されました。確かに最近女装少年を見かけることは多いですが、それにしてもこれを企画したスクエニは物凄いことをしでかしたように思います(笑) 誰が喜ぶんだとかそんなことは聞きません。得する人は大勢いるでしょうし、私が得をします。

それでは、一つ一つ感想を述べていくことにします。

・「ボクは妹のメイドさん」(佳月玲茅)
主人公が情けない少年のため、妹が兄を鍛え直すために女装をさせるという話。
ガンガンONLINEでも先行公開されていたので、そちらで読んでいました。これを読んだだけでも、きっとこのアンソロジーは素晴らしく狂ってるんだろうなと思いました(笑)
最後の1ページのオチ部分は、「それでいいのかよ」と思わずツッコんでしまいました。

・「プラナス・ガール1.5」(松本トモキ)
高校の合格発表時に出会った少女が、入学後に自称男を名乗る女装少年だとわかったという話。
ガンガンパワードに掲載された1話と2話の間の話らしいです。3話以降はガンガンJOKERにて連載されています。
他の作品と違って、本当に女装少年なのか、本当は少女なのかわからないというところが肝です。どっちなんでしょうね。ジョーカーで続きを読んでいこうと思います。

・「オトコの娘アイドル☆アキラ」(水兵さき)
主人公が芸能事務所の社長にアイドルにスカウトされたが、実は「オトコの娘」アイドルとしてスカウトされたという話。
普通に女の子だったらなんてことない、売れっ子ジュニアアイドルとそれに嫉妬するアイドルの戦いの話なのですが、女装少年というだけで話のベクトルが違います。普通といえば普通なのですが、変態といえば変態ですね。

・「ミックス*リリィズ」(柚木涼太)
主人公が双子の姉にゲームで負けて、罰ゲームとして女装して姉の代わりに女子高に通わされた話。
ガンガンJOKERで『ダメっ妹喫茶・でぃあ』を描かれてる方なのですが、あちらと受ける印象が少し違いました。
これもなかなか変態な出来です。しかし、そんな簡単にふたなりで納得できるものなんですかね。まあ、公然と行為に走っちゃうような百合少女(というかもはや百合というよりガチレズ)なので、納得できようができまいが別にどちらでもいいんですけど(笑)

・「きせかえっ子」(塒祇岩之助)
朝目が覚めたら半裸になっていて、姉と妹に女性の格好に着せかえられそうになっていたという話。
ここまでずっと読んでくると、姉と妹が変態だという以外はもはや普通なのではないかと、感覚がマヒしてきます。これだけを読んだときには何か感想が書けそうなのに、他と比較すると書くことが思いつかないです。

・「おもちゃじゃないモン!」(香月アイネ)
男らしくなろうと決意した主人公がバレー部に勧誘されて頑張ろうと思ったら、先輩に女子に間違えられたため、勧誘されたのは女子ビーチバレー部だったという話。
こちらも一つ前の作品同様、着せ替えで遊ばれるという話です。でもこっちのほうが好みです。ページ数や展開の都合もあると思いますが、霧島さんにバレたら面白いだろうなと思いました。

・「女装少年注意報!?」(野澤綾子)
女装趣味の少年が内緒でメイドカフェでアルバイトをしていたら、高校の友人に出会ってしまったという話。
佳作賞だそうですが、なんとなく物足りない気がします。ここまでで変態な作品を読みすぎたせいでしょうね、きっと。
ここまで強制女装が多かった分、女装趣味で自主的にというのが普通に映ってしまうのかも。

・「Charmant Boy」(椿あす)
女装趣味の少年が同じ学校の風紀委員に頼みごとをされて協力をするという話。
こちらも女装趣味で自主的にですね。そしてこれだけ普通に一般的な純愛ものです。ただし、女装少年は話の要でもメインヒロイン(?)ではないというのも、このアンソロの中では唯一これだけですね。そしておそらく一般の人にも読ませられる作品もこれだけだと思います。そんな意味では女装少年ものとしての楽しみ方にはあまり沿わない作品です。
本当、とてもいい話の作品でした。あと感想を述べるなら、兄邪魔だなと(笑)

・総評
読み終わる頃には常識が揺らいでいるかもしれません。
一番好みは椿あすさんの作品。あまりにも無難すぎますが。
プラナス・ガールも好きです。

そして、なぜ私はこのアンソロに対してこんなに長々と感想を書いているんだろう、と客観的に見るとなかなか恐ろしいことをしてしまいました。だが後悔はしていない。

|

« 久しぶりに | トップページ | 文学少女の秘密『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクエニ始まったな『女装少年アンソロジー』:

» ロールプレイングゲーム一覧 [趣味無料ゲーム神拳]
ドラクエ、マリオが趣味のファミコン世代のために無料ゲームを一刀両断!趣味がゲームの大人のための辛口レビューサイト。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 19時04分

« 久しぶりに | トップページ | 文学少女の秘密『"文学少女"と死にたがりの道化』1巻 »