« ロウきゅーぶ! | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年11月号 »

2009年10月18日 (日)

卒業しても相変わらず『らき☆すた』7巻

らき ☆ すた (7) (角川コミックス)

『らき☆すた』7巻/美水かがみ/角川書店(コンプティーク・コンプエース等連載)

6巻で卒業したわけですが、やっぱり7巻でも大きな流れは変わりませんでした(笑)
ちょっといい話で締めというのがいつもより多く感じました。よいことです。

この巻では隠れオタクの若瀬いずみと、バリバリオタクの留学生・パトリシア(パティ)が登場します。パティはアニメではすでに登場してましたが、原作の本編はここから登場ですね。こなたの家にホームステイになるという展開になるとは思ってませんでしたが。

それといずみですが、隠れオタクは客観的に見ているとなかなか面白いものです。「ツインテール」は一般には通じないらしいですからね。私も少し前にそれを知って驚きました(笑) 隠れオタクはバレるのが怖いのです。

これからもまったりと続いてほしい作品です。

あと、こなたの獏の絵がどれだけ酷いのか見てみたいです(笑)

|

« ロウきゅーぶ! | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年11月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業しても相変わらず『らき☆すた』7巻:

« ロウきゅーぶ! | トップページ | 月刊ガンガンJOKER 2009年11月号 »